バイアグラの正しい知識

バイアグラとはED(勃起不全)治療の際に利用する最も有名な治療薬の一種です。バイアグラはアメリカで1998年に世界で初めて発売されました。

バイアグラ

バイアグラとは



バイアグラとはED(勃起不全)治療の際に利用する最も有名な治療薬の一種です。バイアグラはアメリカで1998年に世界で初めて発売されました。もともとは、狭心症の薬として臨床試験を繰り返していたのですが、なかなか効果が出ず結局試験中止になりました。

しかし、なぜか被験者達は薬を返還したがらなかったそうです。不思議に思った製薬会社が、被験者に理由を聞いたところ、勃起の補助効果があることが分かり、そのことがきっかけで今のバイアグラになったと言われています。

その後、アメリカ合衆国で販売が開始されると爆発的人気で飛ぶように売れ、日本でも個人輸入代行業者による輸入が始まりました。しかし、その当時の日本では正しい使用方法や副作用があまり知られていなかった為、硝酸剤服用者がバイアグラを服用したことによって死亡する事例が発生。この事件が社会的に話題となり、安全性を確保するという意味合いもあって1999年に処方箋医薬品として認可されました。

処方箋医薬品として認可されたことで、国内で正規品が手に入るようになり、日本でのバイアグラの安全性は確立されたのです。現在は病院やクリニックですぐに手に入るようになり、正規のED治療薬として利用されるようになっています。インパクトのある「バイアグラ」の名前の由来は、ヴァイタル(Vital=いきいきとした)とナイアガラ(Niagara=ナイアガラ)を組み合わせてできた名前と言われています。ナイアガラの滝のようにいきいきと男性の精力をほとばしらせるという意味だといわれています。

バイアグラの効能

バイアグラの主成分であるシルデナフィルには、陰茎の中に血液が集まりやすくなる効果があります。血液が陰茎の中に充満すると、圧がかかってパンパンになり、陰茎自体が大きく、硬く立つようになります。陰茎の勃起から勃起終了するまでのメカニズムは性的な興奮や感情を持つことにより、体内に一酸化窒素が増えます。一酸化窒素が血管の細胞に放出されると、サイクリックグアノシン1リン酸という科学物質が合成され、この化学物質が細胞の中に沢山溜まると血管が拡張します。血管が拡張することで、陰茎の海綿体へ血液が流れ込んで勃起します。

そして勃起後、上記の化学物質が、「酵素ホスホジエステラーゼ5型」(PDE5)によって破壊されてしまうことで、血管の拡張が終わり勃起も終わるのです。つまり「酵素ホスホジエステラーゼ5型」(PDE5)の働きを抑えれば、勃起は長時間続くということです。すでにお分かりの方もいるかと思いますが、バイアグラに含まれる成分は、この勃起抑制酵素の働きをさまたげる効果があるのです。

バイアグラは媚薬じゃないの?

バイアグラは薬の性質上、精力剤や媚薬のような物だと勘違いされることが多々ありますが、実際は性欲を高めたり、興奮を促す作用があるわけではなく、あくまで血流を改善して勃起を維持するためのものです。視覚や感覚による性的な刺激で性的興奮を脳が感じ、陰茎に指令が出されて初めてバイアグラの作用が働き、勃起が維持されるのです。また、バイアグラを飲むとずっと勃起したままなのでは?と心配される方もいらっしゃいますが、基本的にはその様なことはありません。

バイアグラのジェネリック医薬品

現在日本ではバイアグラのジェネリック医薬品が手に入ります。ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先発医薬品の特許期間が過ぎたあと、その薬を他の医薬品メーカーが製造・販売したものを指します。バイアグラでいうと、開発元のアメリカのファイザー製薬が「先発医薬品」、ファイザー製薬のバイアグラの特許期間が過ぎたあと、別のメーカーが製造・販売したものが「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」となります。日本では複数社からバイアグラのジェネリック医薬品が販売されています。

誤解されている人もいると思いますが、ジェネリック医薬品は決して粗悪品ではなく、効き目も弱いといったことはありません。

⇒詳しくはこちらから

バイアグラの副作用

バイアグラはとても画期的な薬ではありますが、副作用もあります。健康な人が服用したときに感じる代表的な症状としては、血管拡張作用による顔のほてり、頭痛といった症状があります。その他にも胃の不快感や鼻水・鼻づまりなどの症状が出たりすることがあります。

いずれの症状も誰にでも起きる可能性がある症状のため、バイアグラが原因であるとは限りませんが、あまりにもひどい場合や持続しすぎる場合には服用を止め、医師に相談してください。通常であれば、薬の効果が切れていくと同時に症状もなくなっていきます。

また、ジェネリック医薬品も先発のバイアグラと同種同効率の成分ということは当然、様々な副作用が現れることがあります。どちらにしても使用する際は、必ず医師の問診を受けて処方箋を書いてもらい、薬剤師から服用の方法や注意点を聞いた上で服用するようにして下さい。

バイアグラ服用のポイント

バイアグラの飲み方は、基本的には効果を望むタイミングの約1時間前に水で服用して下さい。また、有効成分が吸収されやすい食前の空腹時に飲むのがポイントです。バイアグラは食事の影響を受けやすく、食後だと有効成分の吸収が遅くなったり、全く効かないといった事があります。

1日の服用は1回(医師に指示された用量)とし、服用する間隔は24時間以上空けてください。薬の効き方には個人差があるため、効かないからといって、決して自己判断で用量を増やしたり、何回も飲んだりせず、必ず医師に相談してください。

また、バイアグラを処方できない方もいらっしゃいますので、必ず医師の診断のもと服用するよう注意してください。

ページの先頭へ戻る