バイアグラの効果的な飲み方

nomikata

食前に飲んで効果を実感 バイアグラは、服用のタイミングや服用方法を誤ると、勃起機能改善の効果を感じることができません。勃起時の硬さや持続時間を最大にするためにも、バイアグラの効果的な飲み方を知りましょう。 病院で処方され

バイアグラ

食前に飲んで効果を実感

水

バイアグラは、服用のタイミングや服用方法を誤ると、勃起機能改善の効果を感じることができません。勃起時の硬さや持続時間を最大にするためにも、バイアグラの効果的な飲み方を知りましょう。

病院で処方される薬でも、薬局で購入できる常備薬でも、服用薬の場合は一般的に食前、食後、食間のいつ服用すべきであるかが指定されています。バイアグラの場合は、食前の服用が最も効果的だといわれています。食前の服用が効果的な理由は、食前など空腹時に服用すると、有効成分がしっかりと血液中に吸収され、効果を発揮するからです。

食事から性行為までの時間が短い場合には、食前30~40分前にバイアグラを服用し、その後食事をするのがよいでしょう。食事の前の空腹時にバイアグラを服用して薬の成分を体に吸収させてしまえば、服用後に食事をしたとしても、バイアグラの効果には影響ありません(服薬後約30分で、薬のほとんどが体内へ吸収されます)。

やむをえず食後に飲む場合の注意点

食前の空腹時に服用するのが正しい方法ではありますが、どうしても食後に服用しなければならない場合もあります。そこで気を付けなければならないのが、その食事の内容と、服用までの時間です。

フランス料理や中華料理、ステーキなど油分を多く含むような食事の後は、胃や腸壁にべっとりと油膜が張っています。この油膜は食後6~7時間は胃や腸壁から取れません。取れる前にバイアグラを飲んでしまうと、バイアグラの有効成分はこの油の膜を通過出来ないため、血液中に吸収されずにそのまま便として排泄されてしまいます。吸収されなければ、バイアグラの効果も引き出せません。

ですので、食後に飲む場合、食事の内容をそばやうどん、お寿司など油分の少ない食事にし、腹6分目から8分目くらいに抑えておくことが大切です。そうすることで、最低2時間以上の時間が空いていれば、食後であっても問題なく成分を吸収でき、比較的効果は得られやすくなります。

バイアグラを飲むときに併用する飲み物

バイアグラのような錠剤は、水分で溶けるように製造されています。その為、基本的には水で服用してください。水がない場合は、清涼飲料水、お茶やアルコールでも問題はありません。しかし、牛乳などの脂肪分が含まれる飲料は避けましょう。牛乳などの脂肪分が含まれる飲料は、バイアグラの有効成分の吸収を妨げる可能性があります。他にも、飲み合わせの問題として、グレープフルーツは血中濃度を高めてしまうなどの影響を及ぼす可能性があるのでできるだけ控えましょう。

お酒との併用についてですが、ほどよい飲酒でしたらアルコール自体にリラックス作用があるので、バイアグラの効果を引き出すことが可能です。しかし、過剰な飲酒ですと完全に逆効果になりますので、お酒の飲みすぎにはくれぐれもご注意ください。効果をしっかりと発揮させるためにも、ただバイアグラを飲むだけではなく、併用する飲み物にも気を付けましょう。ちなみに飲み物というわけではありませんが、噛み砕いても早く効くことはなく苦いだけなので、注意しましょう。

性行為の1時間前に服用

時計


ここまで、併用する飲み物について気を付けるべき点を説明してきましたが、もう一つ重要な点ことあります。それは、性行為の1時間前にバイアグラを服用するということです。

バイアグラを空腹時に服用すると、効果は30〜40分程度で現れ始めます。効果持続時間はおよそ4〜5時間程度ですが、血中濃度のピークは服薬後1時間後で、それを過ぎるとゆるやかに効果が減退します。つまり、バイアグラ服薬後1時間が性行為に望ましいタイミングと言えます。この際、前述のように、食後に飲むと効果が出るまでに時間がかかります。

また、バイアグラの服用後、めまいや視覚障害(色が変化して見えるなど)があらわれる場合もあるので、自動車や機械の運転操作にはお気を付けください。

バイアグラは勃起を促す補助薬

バイアグラは、勃起不全(ED)症を治療する薬ではありますが、性的興奮作用や性欲増強作用など催淫効果はありません。バイアグラは性的刺激を受け性的興奮した後、いざ勃起をした時にそれを補助してくれる薬です。ですので、飲んだ後に性欲が起こらなければ勃起する事はないのです。外部からの性的な刺激により、勃起をしやすくするための薬だと捉えてください。

薬の効き方には個人差があり、効果を得られなかった場合は、医師または薬剤師にご相談ください。決して、自分で量を増やしてはいけません。処方された量以上を服用しても、効果の増大は望めず、かえって新たな副作用が出現したり、その程度が強くなることがあります。海外で販売されている用量を目安に、多くとも100mgを超えるような服用はしないようにしてください。

また、性欲がなければバイアグラは何の役にも立ちません。仕事が忙しく疲れがかなりたまっている、気分が向かないなど性欲が湧かない場合は、無理をせず間隔を空けて使用するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る